お問い合わせ

うちエコ診断実施機関への補助金交付について

低炭素ライフスタイル構築に向けた診断促進事業(家庭エコ診断制度運営事務局)においてうちエコ診断実施機関の認定を受けた事業者または認定を受ける予定の事業者は、下記の補助金の申請要件を満たす場合に、平成27年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(低炭素ライフスタイル構築に向けた診断促進事業)の交付申請を行うことができます。

平成28年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(低炭素ライフスタイル構築に向けた診断促進事業)の概要は、以下の通りです。

<平成28年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(低炭素ライフスタイル構築に向けた診断促進事業)の概要>

1.事業名

平成28年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(低炭素ライフスタイル構築に向けた診断促進事業)

2.事業目的

本事業では、民間企業や地域主体のネットワークを活用し、家庭における着実な省エネを実行するための診断事業に対して支援を行うことで、低炭素ライフスタイルへの転換を促進し、家庭部門からのCO2削減を実現することを目的としています。

3.事業内容

エネルギー起源二酸化炭素の排出を抑制するための低炭素ライフスタイル構築に向けた診断促進事業に対して補助金を交付する事業です。

4.対象事業の要件

  1. 補助事業に応募する者。他の事業者等との共同申請の場合は主に事業を行う代表申請者。
  2. 共同申請の場合で代表申請者以外の者。

家庭エコ診断制度運営ガイドライン(第1版)参照:http://www.env.go.jp/earth/ondanka/uchi_eco/shindan/attach/gl_home-ver1.pdf

5.補助金の応募申請者

補助金の応募を申請できる者は、以下のいずれかの者とします。

6.補助対象経費

補助の対象となる経費は8.の事業期間内におけるうちエコ診断の実施に必要な経費であって、以下の経費とします。なお、事業を実施する前段階の体制整備に係る費用や、うちエコ診断士ではない者の資格試験受験料・受験等に係る旅費、受験に係るテキスト等の購入費、直接うちエコ診断の申込みに関わらない広報費等に関する経費については対象外とします。

【補助対象経費】

うちエコ診断実施体制の構築、うちエコ診断士の診断実施機関への登録手続、うちエコ診断士資格取得者の養成、うちエコ診断実施(受診者募集、診断申し込み、診断準備、診断時、診断後の結果集計に係る費用等)に係る診断実施機関及びうちエコ診断士の人件費・業務費。

7.補助金の交付額

原則として補助対象経費と基準額(7,000円/件)を比較していずれか少ない額を補助します。

8.事業実施期間

交付決定の日から平成29年2月28日まで

9.補助事業の流れ


参考資料:補助事業への応募申請から補助金のお支払い、報告書提出の流れ
ファイル名:sankou.pdf
ダウンロード容量:83KB

<公募要領、交付規程、交付申請様式のダウンロード>

公募要領(395KB)

交付規程(157KB)

交付規程様式等(79KB)

<補助事業者公募説明会>

補助事業者公募説明会(一次)は終了しました。

補助金事業者公募説明会(二次)は終了しました。

今後、9月中旬頃に(三次)の公募説明会を開催する予定です。
開催時期が確定次第ご案内いたします。

<補助事業者採択先一覧>

平成28年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金
(低炭素ライフスタイル構築に向けた診断促進事業)
間接補助事業者採択先一覧(一次)
ファイル名:h28-1ji-saitakukekka.pdf
ダウンロード容量:148KB